WBCチャンピオン井崎英典さん 珈琲屋になりたくなかった彼はなぜバリスタを目指したのか

ご訪問くださりありがとうございます。

今回は、2014年にアジア人として初めて

ワールドバリスタチャンピオンシップで

チャンピオンに輝いた井崎英典さんについてご紹介します。

現在は、若干29歳にして

コンサルタントとしてグローバルに活動を続け

年間200日以上を海外で過ごしながら

コーヒーエヴァンジェリスト
(※エヴァンジェリスト=伝道師 の意)

として啓発活動を行っている井崎さん。

彼がバリスタを目指したきっかけはなんだったのか、

また、誰もが一度は飲んだことのある

あのコーヒーの監修も行った経歴にも注目です。

スポンサーリンク

井崎英典さんプロフィールと経歴

井崎 英典
いざきひでのり

☑生年月日
1990年 3月15日

☑出身地
福岡県福岡市南区

☑経歴
16才
バドミントンのスポーツ特待生として入学した高校を中退し、実家のハニー珈琲で働きだす

2009年
法政大学国際文化学部国際文化学科に入学と同時に、株式会社丸山珈琲に入社

2012年
ジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)で最年少で初優勝

2013年
ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)初出場
法政大学卒業

2014年
WBCアジア人初の優勝

2016年
1月 株式会社丸山珈琲を退職
2月 コーヒーに関する教育・製品開発・コンサルティングなどを行う会社を設立

2018年
1月 日本マクドナルド、カフェラテ初の全面リニューアル『新生ラテ』の完全監修
5月 日本マクドナルド『プレミアムローストアイスコーヒー』リニューアルの完全監修

その後
中国で4500店舗を展開して急成長を遂げるコーヒーチェーン店「ラッキンコーヒー」のチーフコーヒーコンサルタントを務める

小さい頃は珈琲屋になりたくなかった?!

井崎さんのご両親は

最初は珈琲屋を営んでおらず、

もともとは塾を経営していたそうです。

ところが、井崎さんが小学校1年生のとき

突然人から譲り受ける形で「ハニー珈琲」を始めたとのこと。

ハニー珈琲を始めると、

365日休みは無く、

家ではいつもハンドピック
(欠点のある豆を一粒ずつ手で取って除いていく地道な作業)

をしていたというご両親。

それを見ていた井崎さんは

「何が楽しいんだろう。

絶対にコーヒー屋さんにはなりたくないな」

と思ったそうです。

子ども心に、すごく大変な仕事なんだなと思ったんでしょうね。

スポンサーリンク

なぜバリスタを目指す様になったのか

ご両親の大変そうな姿を見ながら育った井崎さん。

珈琲への印象は決して良くなかったはずなのに

なぜバリスタを目指すようになったのでしょうか。

それは、「かっこよかったから」だそうです。

実家のハニー珈琲にはいつも

「バリスタマガジン」という雑誌が置いてあったそうで

まずその雑誌に憧れを持った井崎さん。

そして、その雑誌の表紙を飾りたいと思う様になったそうです。

調べていくと、世界チャンピオンになると

表紙になれるらしいと知り、当時16歳の井崎さんは

ならチャレンジしてみよう!と思ったそうです。

「かっこいいからなりたい!」
から
「やってみよう!」に転じる行動力が凄いですね。

そこからは、今では言わずと知れた

スペシャリティコーヒーの専門店「丸山珈琲」に入社。

法政大学に通いながら、週末や長期休暇に

長野県小諸市の店舗まで都内から通勤

世界チャンピオンへの階段をのぼりはじめました。

井崎さんの想い ~Brew Peace~
一杯のコーヒーで地球上のすべてのときに幸せを

現在、井崎さんは世界を飛び回りながら、

自身の経営する会社QAHWA₍カフア₎を通じて

コーヒー関連事業に関する

コンサルティングを行っています。

そんな井崎さんがこれから挑戦したいことは、

コーヒーを通して平和な世の中を作ることを

体現できるような、「Brew Peace(ブリューピース)」な事業

だそうです。

美味しいコーヒーを創り出したい、届けたい、

というだけではなく、

そのコーヒーとの幸せな時間をもてる場所が

平和であるようにと願い活動する井崎さん。

コーヒーで世界を平和にしようと飛び回る井崎さんは

まさに「コーヒーエヴァンジェリスト」

(=珈琲の伝道師)ですね。

スポンサーリンク

最後に

井崎さんは、2020年6月18日放送のテレビ番組、

「逆転人生」に出演されます。

(NHK 22:00~22:50)

今回は特別講座ということで、

自宅での最高のコーヒーの淹れ方を伝授してくれます。

お店でコーヒーをゆっくり楽しむには

まだ少し時間が必要そうですので

放送を見ながら、コーヒーを淹れてみようと思います。

みなさんもぜひ。

それではまた。

mugi

本も出版されています。

 こちらの教科書もおもしろそうですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク