松本妃代 ”ひとりごとエプロン”の主人公”夏希”は”まつもときよ”さん 経歴など

ご訪問くださりありがとうございます。

今回は、”北欧、暮らしの道具店”

シーズン2が公開されているWebムービー

”ひとりごとエプロン”の主人公、

夏希役の松本妃代(まつもと きよ)さんをご紹介します。

可愛らしく、それでいて

穏やかな雰囲気をまとった松本妃代さん。

声も素敵ですよね。

絵画アーティストとしても

活躍する松本さんですが、

ご家族もアーティスティックな才能をお持ちでした。

まずはプロフィールからご覧ください。

スポンサーリンク

松本妃代さんプロフィール

(引用元:https://www.sma.co.jp/s/kiyo?ima=0000#/main/gallery/0)

本名
松本 妃代(まつもと きよ)
生年月日
1995年3月20日
(2020年現在、25歳)
出身地
兵庫県
出身大学
フェリス女学院大学
(神奈川県)
身長
158cm
趣味・特技
英会話(英検準1級)、
ダンス、歌、
絵を描くこと
芸能界入りのきっかけ
エイベックス主催の学生限定オーディションに合格し、エイベックスマネージメントに所属となったこと

とても綺麗なお名前の松本妃代さん。

本名なのだそうです。

芸能界には2008年に入り、

2011年に、現在の印象とは

ちょっと違う雰囲気で

ダンス&ボーカルユニットに加入されています。

松本妃代さん経歴


(引用元:https://www.sma.co.jp/s/kiyo?ima=0000#/main/gallery/0)

2008年
エイベックス主催の学生限定オーディションに合格し、エイベックスマネージメントに所属。

2011年9月
関西地区を軸に活動するダンス&ヴォーカルユニット「Krystal burnish dolls」(クリスタル バーニッシュ ドール)に中途加入。

2015年3月
女優の道一本に絞るため、エイベックスを退所。2020年現在は、ソニー・ミュージックアーティスツに所属。

2015~2016年頃
女優業の傍ら、「自分にしかできないものが欲しい」と思い、本格的に絵を描き始める。

芸能界入り直後は、

歌って踊るアイドルグループに所属していた松本妃代さん。

アクティブな面もお持ちなんですね。

女優の道に進むことを決めた松本さんは、

様々なメディアに出演されています。

特に、CMでは一度は目にされているのではないでしょうか。

最近の主な出演CM

2019年 スズキ・アルトラパン「横顔編」
坂口健太郎さんと共演。彼女役です。

2019年 エイチームブライズ「Hanayume」
渡辺直美さんと共演。最後の笑顔が素敵です。

2020年 JR東日本「グリーンアテンダント踊るGA編」
歌って踊っています♪

いかがでしょうか。

そういえば!と思うCMがありませんでしたか?

CMの他にも、2015年には

Official髭男dism「愛なんだが…」

2019年には

北村匠海さんが所属されている

DISH//(ディッシ)の「PM 5:30」、

2020年にはドラマ

「テセウスの船」主題歌

Uruの「あなたがいることで」

PV(プロモーションビデオ)に出演されています。

スポンサーリンク

活躍が目覚ましい松本さん。

”自分にしかできないものが欲しい”と

20歳頃から描き始めた絵は、

2019年には個展を開きました。

(出典元:https://www.sma.co.jp/s/kiyo?ima=0000#/main/gallery/0)

(出典元:https://hash-casa.com/2020/06/01/kiyomatsumoto/)


(出典元:https://www.sma.co.jp/s/kiyo?ima=0000#/main/gallery/0)

作品は8時間ほどかけて集中して書き上げているのだそう。

カラフルな色使いで

全体的に明るくポップな印象ですが

中には、どこか寂し気な表情をしていたり

強い意志を感じたりする作品もあります。

父親がシューズデザイナーだったことから

小さい頃から家で絵を描くことが

多かったという松本さん。

ご実家は老舗のオーダーシューズ専門店だそうです。

スポンサーリンク

松本妃代さんのご家族


((出典元:https://hash-casa.com/2020/06/01/kiyomatsumoto/)

松本妃代さんの父親 松本善博さん

1891年創業の、

大阪のオーダーシューズ専門店

tartaruga(タルタルガ)で、

シューズデザイナー兼オーナーとして活躍しています。


(出典元:https://www.xeex.co.jp/totugeki/tartaruga.html)

イタリアで靴の修行を重ね、

婦人靴に興味を持ったというお父様。

インタビューで、

”職人として一人前になれたと感じたのはどういった瞬間でしたか?”

との質問に、

”ないです。死ぬまでないです。自分が満足できたら、それで終わりですよね。そこで成長は終わってしまいます。”
(引用元:https://www.xeex.co.jp/totugeki/tartaruga.html)

と答えています。

歩みと学びを止めることない父親の姿を

間近で見てきた松本妃代さん。

絵以外でもきっと大きな影響を受けている気がします。

最後に

(出典元:https://hash-casa.com/2020/06/01/kiyomatsumoto/)

多方面で活躍する松本妃代さん。

”ひとりごとエプロン”では

透き通るような声が心地よく、

とても印象的だったので、

これから声優やナレーションなど

声のお仕事での活躍も期待してしまいます。

現在シーズン2が公開されている

”北欧、暮らしの道具店”の

”ひとりごとエプロン”。

ぜひ今後、シーズン3、4を

夏希と一緒に楽しんでいけたらいいですね。

□□□□□□□□□□□□□□□
北欧、暮らしの道具店 はこちら
□□□□□□□□□□□□□□□
ひとりごとエプロン はこちら
□□□□□□□□□□□□□□□
松本妃代Instagram はこちら
□□□□□□□□□□□□□□□

最後までお読みくださりありがとうございました。

それではまた。

mugi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする