桃仙(とうせん)がザワつく金曜日で紹介!三重のラーメン店でメニューは約130種!

ご訪問くださりありがとうございます。

今回は、三重県四日市市にある

ラーメン店「桃仙(とうせん)」をご紹介します。

こちらのお店の特徴はメニュー。

その数なんと130種!!

かなりの数です…!そして

ネーミングがかなり風変わりだとか…?

一体どんなラーメン店なのか

場所やメニュー、店名の由来など

詳しくご紹介します。

桃仙(とうせん)の場所は?


(出典元:http://dongri24.jugem.jp/?eid=321)

住所
三重県四日市市山之一色町1084-5

営業時間
11:00~15:00
17:00~22:00

桃仙(とうせん)は、

三岐鉄道三岐線「暁学園前駅」から

徒歩20分くらいの通り沿いに佇むラーメン店です。

創業26年。

「桃」は中国では縁起物。

食卓を囲む幸せを感じられる場であること、

そしてお店が

山に近いということから「仙」

二文字を合わせ

桃仙(とうせん)と名付けたのだそうです。

スポンサーリンク

魔法のラーメンや極秘ラーメン…!?風変わりなメニューは約130種!


(出典元:https://otonamie.jp/?p=53267)

桃仙(とうせん)の特徴は

なんといってもメニュー!

その種類は約130種。

ネーミングも独特で、

魔法のラーメン、

秘宝ラーメン、

極秘ラーメン、

親子ラーメン、

梅台湾メン…。

味の想像がつきません 笑


(出典元:https://otonamie.jp/?p=53267)

店内の壁に貼ってある

メニューの横には簡単な説明が。

これが手掛かりですね。

”地獄ラーメン”は

かなりの辛さで有名なようです。

また、”普通のラーメン”もあり、

それはそれでかなり美味しいのだとか。

スポンサーリンク

桃仙(とうせん)の店主はどんな人?

風変わりなメニューの桃仙(とうせん)。

店主はこちらの方です。


(出典元:https://otonamie.jp/?p=53267)

おひげが素敵ですね♪

名古屋の中国料理店で修業し、

26年前に桃仙(とうせん)をオープン。

メンマやチャーシュー、

煮卵の味付けは全て店主オリジナルで、

梅干しなども全て自家製だそうです。

店主のおススメは

独自ブレンドした漢方を使い、

21種類の薬草入りだという

漢方薬膳ラーメン。

とっても気になります…!

まとめ

高橋克典さんもゲスト出演される、

2020年9月18日放送の

”ザワつく!金曜日”で、

桃仙(とうせん)が紹介されます。

長嶋一茂さん、石原良純さん、

高嶋ちさ子さんの反応が楽しみですね。

それではまた。

mugi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする