坂上&指原のつぶれない店で紹介!廃バス郷土料理店「きよみ」場所はどこ?

ご訪問くださりありがとうございます。

2020年9月6日 日曜日放送の

「坂上&指原のつぶれない店」

心配な店スペシャルとして、

廃バスで営業する、一見すると

入りづらい料理店が紹介されます。

今回はそのお店を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

廃バスで営業する料理店は「鴨料理 きよみ」

プレハブ小屋の様な建物に横付けされたバス。

こちらが番組で紹介された”心配な店”、

「鴨料理 きよみ」さんです。

気になるこのバスは、

横付けして停車しているのではなく

”廃バス”です。

看板が無かったら飲食店だとは

気付かない外観ですね。

もう動かない、

ぼろぼろの廃バスの中に入ると

そこにはテーブルが並んだお座敷が!

バスそのままの天井と

畳とテーブルの組み合わせが

なんともアンバランスで

不思議な雰囲気を醸し出しています。

このバスは、

30年以上前に廃車になったバス

地元のバス会社から購入し、

大工の友人の協力で内装を仕上げました。

当初、バスは1台でしたが、

口コミでお店の評判が広まり、

客席を増やすために2台になったそうです。

プレハブ部分は調理場になっています。

いったいどんな料理が作られているのでしょうか?

スポンサーリンク

「きよみ」のメニューは?

「きよみ」にはメニューはありません!

食材を、ほぼ全て店主が

調達(採取)するため、

おまかせのコース料理となります。

内容としては、

”鴨料理”と謳っているだけあって、

鴨料理の評判が高いです。

なかでも、鴨鍋と鴨しゃぶしゃぶは絶品!との声が。

最後には鴨の出汁で炊いたごはんの

特製おにぎりが出てくるとか。

美味しそう…!!

鴨の他には、

ザリガニ、すっぽん、川エビ、

ハチの子、カエルなど

あまり馴染みのない

珍しい素材を使った料理が目白押し。

スズメの丸焼きを出すこともあるそうです。

尚、鴨料理の鴨も、

猟師歴50年以上の店主が

自ら仕留めた鴨が使用されています。

「きよみ」の場所はどこ?

鴨料理 きよみの場所や詳細はこちら。

【鴨料理 きよみ】
住所
千葉県印旛郡栄町四ツ谷147
電話番号
0476-95-0879
ホームページ
無し

最寄り駅はJR成田線の安食駅ですが、

そこからお店まで4㎞ほど。

車で8分です。

スポンサーリンク

まとめ

少々行きづらい場所にあり、

入りづらい店構えにも関わらず

口コミで人気が集まっている「きよみ」

完全予約制となっていますので

行かれる際には予約のお電話を忘れないでくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

それではまた。

mugi

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク